自然の歯と同様、インプラントも手入れが必要です。

インプラントは人工の歯のことで、見た目と機能は自然の歯と大差はありません。治療法は、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込みます。この場合、顎の骨の状態が悪い時(骨がもろい・人工歯根を埋め込む幅や深さがない等)は、土台の骨の再生から始めることになります。骨の再生には約5か月ほどかかります。土台となる骨がしっかりしていたら、適切な角度・深さで人工歯根(フィクスチャー)を埋め込みます。人工歯根と骨がしっかりと結合するまで3・6か月待ちます。しっかり骨と結合したら、人工歯根にアバットメント(支台)を取り付けます。次に、アバットメントに人工の歯を装着して完成となります。大きく口を開けても、インプラントと気づかれないためコンプレックスになることはありません。インプラントは第二の永久歯とも呼ばれていますが、長持ちさせるためには、自然の歯と同様に、定期的に歯科医院へ行き、メンテナンスをする必要があります。自然の歯でも長持ちさせるために、歯根を取り除くために定期的に歯科医院へ通うことは当然ですから、インプラントの手入れも特別なことではありません。

sabu用置換