きれいで、しっかり噛むことが出来るインプラント。

インプラントとは、なくなってしまった歯の部分に、人工の歯根を埋め込んで、その上に人工歯をかぶせる治療法です。見た目も自然歯と同等なくらいきれいで、しっかりと噛むことが出来ます。あごの骨に固定されているので、ぐらついたり、骨がやせてしまったりすることもありません。噛み合せもよく、周りに虫歯も発生しにくくなっています。外科手術を伴いますが、技術開発も目覚しく、その成功率は95パーセント以上といわれています。インプラントの治療にはまず、レントゲンやCTで3次元に歯の形態を確認します。一人ひとりの口腔内の状態や骨格などから、治療法が決定されます。そして人工歯根を埋め込み、歯肉と定着するのを待ちます。通常しっかり結合するのに、通常3~6ヶ月ほどかかります。その後、連結部分を装着し、人工歯をかぶせます。トータルで3~10ヶ月ほどかかりますが、個人によって治療期間は変わってきます。治療後は、正しい方法で歯を磨き、口腔内を清潔に保つことを心がけ、定期的に検診を受けることが重要です。

sabu用置換